根岸兎角(読み)ねぎし とかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

根岸兎角 ねぎし-とかく

?-? 織豊-江戸時代前期の剣術家。
師岡一波(もろおか-いっぱ)に師事。師が病床にふすと看病をきらい,江戸に出奔。一派をたて,微塵(みじん)流と称した。文禄(ぶんろく)2年(1593)これをいかった一波門の相弟子岩間小熊(おぐま)とたたかい,敗れた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android