看病(読み)カンビョウ

  • かびょう ‥ビャウ
  • かんびょう ‥ビャウ
  • かんびょう〔ビヤウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 「かんびょう(看病)」の変化した語。
※東寺百合文書‐ぬ・(年未詳)(鎌倉)氏名未詳書状「雲厳老期之死病付候し時は〈略〉藤原氏女等加病仕候て、死去之後、教養法をんをして候し事」
〘名〙
① 病人を看護すること。みとり。介抱。瞻病(せんびょう)
※続日本紀‐天平勝宝八年(756)五月丙子「勅。禅師法栄。立性清潔。持戒第一。甚能看病。由此。請於辺地。令医薬
※談義本・根無草(1763‐69)後「わけて義兵衛は孝行なる男にて、看病(カンビャウ)に手ぬけもなく」 〔梵網経‐下〕
② (自分で自分の病気を見守り世話をする意) 病気の保養。療養すること。
※御伽草子・浄瑠璃十二段草子(室町時代物語大成所収)(室町末)「なをるけしきの、あらざれば、わらはは、あづまへくだるなり。よきにかんひゃうし」
[語誌]古代には①の「続日本紀」の例などのように、特に僧侶が平癒のために行なう加持祈祷のことをも言ったようである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

看病の関連情報