コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微塵 ビジン

デジタル大辞泉の解説

び‐じん〔‐ヂン〕【微×塵】

みじん(微塵)

み‐じん〔‐ヂン〕【×塵】

非常にこまかいちり。
物が割れたりして、非常にこまかくなること。「茶碗が微塵に砕ける」「粉微塵」「木っ端微塵
(下に打消しの語を伴う)量や程度がごくわずかであること。「微塵の敵意もない」「微塵も違いがない」
仏語。物質の最小単位である極微(ごくみ)を中心に、上下四方の六方から極微が結合したきわめて小さい単位。転じて、非常に微細なもの。
「善業は―ばかりも蓄へなし」〈平家・一〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みじん【微塵】

〔「み」は呉音〕
細かいちり。
〘仏〙 物質の最小単位の極微ごくみが六方から集まったきわめて小さい単位。
きわめて細かいもの。また、砕けて非常に細かくなること。 「粉こな-」 「 -に打ち砕かれる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

微塵の関連キーワードバイシェーシカ学派打ち菓子・打菓子塩竈・塩釜・塩竃ツングース隕石彦山権現誓助剣ジューサー骨灰・粉灰屋台・屋体幸田 露伴松本玄々堂かるが故に如来掛けて幸田露伴走らかす新納忠元チェック根岸兎角京極内匠相馬遷子松本儀平

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

微塵の関連情報