コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微塵 ビジン

デジタル大辞泉の解説

び‐じん〔‐ヂン〕【微×塵】

みじん(微塵)

み‐じん〔‐ヂン〕【×塵】

非常にこまかいちり。
物が割れたりして、非常にこまかくなること。「茶碗が微塵に砕ける」「粉微塵」「木っ端微塵
(下に打消しの語を伴う)量や程度がごくわずかであること。「微塵の敵意もない」「微塵も違いがない」
仏語。物質の最小単位である極微(ごくみ)を中心に、上下四方の六方から極微が結合したきわめて小さい単位。転じて、非常に微細なもの。
「善業は―ばかりも蓄へなし」〈平家・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みじん【微塵】

〔「み」は呉音〕
細かいちり。
〘仏〙 物質の最小単位の極微ごくみが六方から集まったきわめて小さい単位。
きわめて細かいもの。また、砕けて非常に細かくなること。 「粉こな-」 「 -に打ち砕かれる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

微塵の関連キーワードバイシェーシカ学派塩竈・塩釜・塩竃打ち菓子・打菓子ツングース隕石ジューサーかるが故に骨灰・粉灰如来掛けて屋台・屋体木っ端微塵松本玄々堂新納忠元志ほがまチェック幸田露伴走らかす松本儀平相馬遷子京極内匠根岸兎角

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

微塵の関連情報