コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

師岡一波 もろおか いっぱ

1件 の用語解説(師岡一波の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

師岡一波 もろおか-いっぱ

1533-1593 織豊時代の剣術家。
天文(てんぶん)2年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)江戸崎の土岐氏旧臣。神道(新当)流をまなび,一波流の祖となった。別伝では高弟に根岸兎角(とかく),岩間小熊(おぐま),土子土呂助(つちこ-どろのすけ)があり,根岸は重病の師をみすててさったという。文禄(ぶんろく)2年9月8日死去。61歳。名は常成または景久。姓は諸岡,号は一羽,一端,一巴ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

師岡一波の関連キーワード月舟寿桂正親町天皇長谷川久蔵シャロン論介成瀬ダム朝倉義景イワンインカ帝国ウィレム

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone