師岡一波(読み)もろおか いっぱ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

師岡一波 もろおか-いっぱ

1533-1593 織豊時代の剣術家。
天文(てんぶん)2年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)江戸崎の土岐氏旧臣。神道(新当)流をまなび,一波流の祖となった。別伝では高弟に根岸兎角(とかく),岩間小熊(おぐま),土子土呂助(つちこ-どろのすけ)があり,根岸は重病の師をみすててさったという。文禄(ぶんろく)2年9月8日死去。61歳。名は常成または景久。姓は諸岡,号は一羽,一端,一巴ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android