コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出奔 シュッポン

デジタル大辞泉の解説

しゅっ‐ぽん【出奔】

[名](スル)
逃げだして行方をくらますこと。逐電(ちくでん)。「親に逆らって郷里を出奔する」
江戸時代徒士(かち)以上の武士失踪(しっそう)をいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅっぽん【出奔】

( 名 ) スル
逃げて、姿をくらますこと。逐電ちくでん。 「奉公先から-する」 「 -したり、窃盗ぬすみをしたり/魔風恋風 天外
江戸時代、徒士かち以上の身分の者が脱藩して姿をくらますこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の出奔の言及

【欠落】より

…初期の領主禁令では,このような欠落人を,多く走(はしり)百姓,走りものなどと称し,厳しい処分規定を設けている。欠落の類語に,家出,出奔,立退(たちのき),風与出(ふとで)などがあるが,中期以降は,階層,理由を問わず,これら居住地からの失踪行為全般を意味する用語として,欠落が広く使用された。欠落人についての規則も,中期以降はより詳細になる。…

※「出奔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

出奔の関連キーワードマリノフスキー(Roman Vatslavovich Malinovskiy)アーユシュリーダラ(愛猷識理達臘)柳原白蓮(1885~1967)ロマン マリノフスキー駆け出す・駆出す黒沢琴古(4世)ディーアドラ生田木屋之介安積覚兵衛アンジローアリアドネ瀬戸内晴美ピタゴラス遥かな町へ足利義晴塩冶高貞うたたね藤牧義夫足利義稙檜山騒動

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出奔の関連情報