コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桁上げ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

桁上げ

あるでの加算結果が、その桁で表せる数を超えたとき、1つ上の桁に加えられる数のこと。たとえば、ある桁の加算が7+5=12の場合、桁上げは1となる。キャリーまたはキャリービット繰り上げとも呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桁上げ
けたあげ
carry

キャリーともいう。加算器で1つの桁以上の数値となり,上の桁へ数値を渡す場合をいう。演算装置では桁上げが最下位の桁から最上位の桁へ伝わっていくのにかなりの時間がかかる。これを桁上げ伝播時間という。これを短くするために種々の工夫がなされている。 (→高速桁上げ回路 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

桁上げの関連キーワードモノリシック高速論理回路キャリーフラグオーバーフロー半加算回路全加算回路縦続桁上げ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桁上げの関連情報