桁上げ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

桁上げ

あるでの加算結果が、その桁で表せる数を超えたとき、1つ上の桁に加えられる数のこと。たとえば、ある桁の加算が7+5=12の場合、桁上げは1となる。キャリーまたはキャリービット繰り上げとも呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桁上げ
けたあげ
carry

キャリーともいう。加算器で1つの桁以上の数値となり,上の桁へ数値を渡す場合をいう。演算装置では桁上げが最下位の桁から最上位の桁へ伝わっていくのにかなりの時間がかかる。これを桁上げ伝播時間という。これを短くするために種々の工夫がなされている。 (→高速桁上げ回路 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android