加算器(読み)かさんき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加算器
かさんき
adder

数値の加算をデジタル信号を使って行う演算装置減算を行う装置を減算器 subtracter,加算器としても減算器としても働くものを加減算器 adder-subtracterという。二進法十進法など数の表現の仕方によって構造が異なる。基本的には二進法加算 (減算) であって,2つの数値のある桁の1ビットと下からの桁上げの3入力に対して,1ビットの加算結果とその桁から次の桁への桁上げの有無の2出力を出す組合せ論理回路が中心となる。十進法の加算器では,桁数が多くなると論理回路は複雑になる。加算 (減算) をすべての桁について同時に行う方式を並列型といい,下の桁から1桁ずつ順次行うものを直列型という。後者は装置は簡単であるが,時間がかかるので,最近のコンピュータではほとんどすべて並列型が使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android