コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂能明 かつら よしあき

1件 の用語解説(桂能明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂能明 かつら-よしあき

?-? 室町時代の武士。
大和(奈良県)吉野郡北山荘の郷士で,北山荘司となる。長禄(ちょうろく)元年(1457)北山宮を殺害した赤松氏の残党を吉野十八郷の人々とともに追及したといわれる。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone