コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂能明 かつら よしあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂能明 かつら-よしあき

?-? 室町時代の武士。
大和(奈良県)吉野郡北山荘の郷士で,北山荘司となる。長禄(ちょうろく)元年(1457)北山宮を殺害した赤松氏の残党を吉野十八郷の人々とともに追及したといわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桂能明の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android