残党(読み)ザントウ

デジタル大辞泉の解説

ざん‐とう〔‐タウ〕【残党】

敵に敗れた一党のうちで、わずかに生き残っている者たち。「平家の残党
一時期勢力をもっていて、のちに弱体化した集団などの生き残り。「ロマン派の残党

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ざん‐とう ‥タウ【残党】

〘名〙
① 戦いに敗れ、討ちもらされなどして残った人たち。余党。
※吾妻鏡‐文治二年(1186)六月二八日「搦取残党五人」 〔新唐書‐竇建徳〕
② (比喩的に) ある集団が衰えたり弱体化したりしても、なお残っている者。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「然ういふ緑会の残党(ザンタウ)も、最う二人限だから」
③ (形動) 公正でない、不公平なさま。
※甲陽軍鑑(17C初)品五五「信玄公、御他界七年めよりは、残党(ザンタウ)なる、さばきにて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報