コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長禄 チョウロク

3件 の用語解説(長禄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょうろく〔チヤウロク〕【長禄】

室町中期、後花園天皇の時の年号。1457年9月28日~1460年12月21日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょうろく【長禄】

年号(1457.9.28~1460.12.21)。康正の後、寛正の前。後花園天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

ちょうろく【長禄】

日本の元号(年号)。室町時代の1457年から1460年まで、後花園(はなぞの)天皇の代の元号。前元号は康正(こうしょう)。次元号は寛正(かんしょう)。1457年(康正3)9月28日改元。疫病流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『韓非子(かんぴし)』を出典とする命名。長禄年間の室町幕府の将軍は足利義政(よしまさ)(8代)。1457年(長禄1)、1441年(嘉吉(かきつ)1)の嘉吉の変で滅びた赤松氏の遺臣が、吉野山中にあった後南朝(ごなんちょう)の行宮を襲撃し南朝の皇胤を称していた兄弟を殺害、1443年(嘉吉3)の禁闕(きんけつ)の変で御所から持ち去られた神璽(しんじ)(三種の神器のひとつ、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま))を奪還するという事件が起こった。翌年、神璽を献上された室町幕府は赤松家の再興を許可し、赤松政則(あかまつまさのり)に家督を相続させた。1459年(長禄3)には、「長禄・寛正の飢饉(ききん)」と呼ばれる日本全土に及ぶ大規模な飢饉が始まった。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長禄の関連キーワード元号私年号年号逸年号運歩色葉集大化美濃彫和暦意雲近衛教基

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone