コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長禄 チョウロク

デジタル大辞泉の解説

ちょうろく〔チヤウロク〕【長禄】

室町中期、後花園天皇の時の年号。1457年9月28日~1460年12月21日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうろく【長禄】

年号(1457.9.28~1460.12.21)。康正の後、寛正の前。後花園天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ちょうろく【長禄】

日本の元号(年号)。室町時代の1457年から1460年まで、後花園(ごはなぞの)天皇の代の元号。前元号は康正(こうしょう)。次元号は寛正(かんしょう)。1457年(康正3)9月28日改元。疫病流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『韓非子(かんぴし)』を出典とする命名。長禄年間の室町幕府の将軍は足利義政(よしまさ)(8代)。1457年(長禄1)、1441年(嘉吉(かきつ)1)の嘉吉の変で滅びた赤松氏の遺臣が、吉野山中にあった後南朝(ごなんちょう)の行宮を襲撃し南朝の皇胤を称していた兄弟を殺害、1443年(嘉吉3)の禁闕(きんけつ)の変で御所から持ち去られた神璽(しんじ)(三種の神器のひとつ、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま))を奪還するという事件が起こった。翌年、神璽を献上された室町幕府は赤松家の再興を許可し、赤松政則(あかまつまさのり)に家督を相続させた。1459年(長禄3)には、「長禄・寛正の飢饉(ききん)」と呼ばれる日本全土に及ぶ大規模な飢饉が始まった。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

長禄の関連キーワード仁和寺宮静覚入道親王権大納言典侍局新撰長禄寛正記寛喜の大飢饉万里小路時房伯母谷将監大内家壁書川越[市]日延(2)幸阿弥宗金二階堂忠行頼誉(2)飛鳥井雅永室町幕府幻仲瑞秀災異改元甲斐常治石橋義仲赤松政則足利義政

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android