コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

案内標識 アンナイヒョウシキ

デジタル大辞泉の解説

あんない‐ひょうしき〔‐ヘウシキ〕【案内標識】

道路標識の一。一般道路では、経路案内(目的地・通過地の方向、距離や道路上の位置を示すもの)、地点案内(現在地を示すもの)、付属施設案内(待避所パーキングなどの付属施設を案内するもの)の3種類がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

案内標識の関連キーワード川のルート・山のルート・海のルートビジュアル・デザインカントリーサイン交通安全対策帰宅困難者道の駅

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

案内標識の関連情報