桐火桶(読み)キリヒオケ

デジタル大辞泉の解説

きり‐ひおけ〔‐ひをけ〕【×桐火×桶】

桐の木を輪切りにし、中をくりぬいて金属板を張った円い火鉢。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きりひおけ【桐火桶】

桐の木の幹を輪切りにし、中を刳り取って作った火鉢。桐火鉢。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の桐火桶の言及

【火鉢】より

…円形で下に小さな脚のついた瓦製のものもよく使われたが,小型品は手あぶりとも呼んだ。また桐火桶と呼ぶ透しをつけた桐箱の中に瓦製の火入れを入れる行火(あんか)もある。その他正倉院に白石火舎(はくせきかしや)(大理石製),金銅・白銅火舎とよばれる火鉢もある。…

※「桐火桶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android