桑原貞也(読み)くわばら さだなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑原貞也 くわばら-さだなり

?-? 織豊時代の武将。
豊臣秀吉の家臣。天正(てんしょう)10年(1582)京都奉行となるが,専断を批判され罷免される。同年京都大徳寺での織田信長の葬儀では奉行をつとめる。20年朝鮮出兵に際し,馬廻組頭として肥前名護屋(佐賀県)に出陣した。通称は次右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android