コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

専断/擅断 センダン

デジタル大辞泉の解説

せん‐だん【専断/×擅断】

[名・形動](スル)自分だけの考えで勝手に物事を決めて行うこと。また、そのさま。「―の処置」「―して取引に失敗する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

専断/擅断の関連キーワードブルハン(不児罕)皇后キチン・キャビネット財政上の緊急処分リチャード2世スターリン批判劉六・劉七の乱罪刑法定主義古人大兄皇子犯罪と刑罰専制君主制指導者原理小御所会議相良清兵衛災異思想恤救規則公開外交学校法人秘密外交セヤヌス井伊直弼

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android