コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奉行 ぶぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奉行
ぶぎょう

命令を奉じて事を執行すること。またその担当者である奉行人をもいう。奉行には臨時のものと,特定機関の恒常的職員とがあった。鎌倉幕府の越訴 (おっそ) 奉行,官途奉行などの類は後者である。安土桃山時代には大老の下に五奉行がおかれ,政治の中枢に参画して行政にあたった。江戸幕府では,初め老中にあたる職を奉行,年寄といったが,職制が整備されると,町奉行勘定奉行寺社奉行その他各種の奉行がおかれて,職務が執行された。諸藩にも各種の奉行がおかれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【奉行】

[名](スル)
武家時代職名。それぞれの職掌により政務を担当し執行するもの。鎌倉幕府が幕府の職制として各種の奉行を置いたのに始まり、戦国大名も各種の奉行を設け、豊臣氏は五奉行を設置。江戸幕府では寺社・町・勘定の三奉行をはじめ、中央・遠国に数十の奉行を設置した。
主君などの命令を奉じて物事を執り行うこと。また、その人。
「庭の儀を―する人」〈徒然・一七七〉
仏語。仏の教えを奉じ、それを行うこと。

ほう‐こう〔‐カウ〕【奉行】

[名](スル)命令を受けて執行すること。ぶぎょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

奉行【ぶぎょう】

鎌倉幕府以後の武家の職名。鎌倉・室町幕府では各種の奉行が置かれ政務を分掌。豊臣秀吉は五奉行を設置。江戸幕府では老中の支配下に寺社奉行勘定(かんじょう)奉行町奉行を置いた。
→関連項目遠国奉行

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶぎょう【奉行】

官制または職制において,上位者の命令を奉じて事にあたること。また転じてその役を務める者を指す。律令時代に宮廷儀式の臨時執行者をいうこともあったが,鎌倉時代以後,武家政権の職制のなかでおもに使用された。鎌倉幕府では,問注所侍所,政所(まんどころ)にそれぞれ奉行が置かれ,その職制はほぼ室町幕府へ引き継がれた。豊臣政権はその末期に,五大老のほか五奉行制をしき,石田三成ら秀吉配下の実務官僚を任じて政務を処理させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぶぎょう【奉行】

( 名 ) スル
上の者の命によって事を執行すること。また、その人。 「義経は-をうけ給はつたる身なれば/平家 11
武家時代の職名。政務分掌により公事くじを担当し執行する者。鎌倉幕府が各種の奉行を置いたことに始まり、豊臣氏は五奉行を置いた。江戸幕府では、寺社・町・勘定の三奉行をはじめ、中央・遠国に数十にのぼる奉行を設置した。
〘仏〙 仏の教えに従い、それを実践すること。 「 -する者は、身心の勝安楽なり/十善法語」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奉行
ぶぎょう

もともと命を奉じて事を執行すること、またその役や人をいう。おもに武家方の職制中にみられる呼称。鎌倉・室町両幕府の役職には大半この称がつき、豊臣(とよとみ)政権の前田玄以(げんい)、浅野長政(ながまさ)、増田長盛(ましたながもり)、石田三成(みつなり)、長束正家(なつかまさいえ)の五奉行は有名。江戸幕府には役方番方ともにその称があった。おもなものを掲げると寺社・町・勘定の三奉行、長崎・京都・大坂・奈良・日光・佐渡そのほか主要の地に置かれた遠国(おんごく)奉行、旗奉行、槍(やり)奉行、幕末に設けられた外国奉行、陸軍奉行、海軍奉行などである。また諸藩にも各種の奉行職のあったことはいうまでもない。ちなみに、奉行の称が付せられた職とそうでない職との間に、かならずしも職掌上、一線を画するようなことがあったわけではなかった。[北原章男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の奉行の言及

【院宣】より

…これに対し13世紀半ばにはじまる後嵯峨院政ころ以降の院宣は,従来の官符,官牒,官宣旨等にかわり,直接所領の寄進・安堵,相論裁許,国家租税の徴収・停止等の政務までを決裁するようになる。また奉者も院司の立場を超えた政務機関としての奉行がこれにあたった。奉行は政務を執る上皇が任意に任命し,上皇の政務を分担して奏聞・執行したが,奉行の奏事を上皇に取り次ぎ,上皇の仰を奉行に伝えるのは,伝奏である。…

【伝奏】より

…伝奏には,実務に精通した能吏の者が院宣によって補任されたが,傾向として弁官や職事を経験した公卿や蔵人頭のうちから選ばれることが多かった。伝奏の下で,政務を分担し,訴訟の受付け,政断の執行にあたったのが奉行であるが,伝奏は奉行の奏事を院に取り次ぎ,また院の意志を奉行に伝えて執行させるのがその役目である。政務の執行は,奉行の奉ずる院宣によって行われるが,所領,所職の与奪,安堵にかかる重事などは,伝奏自身が奉行を兼ね院宣を奉じた。…

※「奉行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

奉行の関連キーワード小普請奉行遠山金四郎江戸町奉行軍の三奉行合原猪三郎小栗上野介切米手形改公事奉行人岡田善同高尾信福浅野氏祐越訴奉行川路聖謨段銭奉行手板調べ十善法語小栗忠順陸軍奉行山田奉行蝦夷奉行

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奉行の関連情報