コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑山忠明 くわやまただあき

百科事典マイペディアの解説

桑山忠明【くわやまただあき】

美術家。名古屋市生れ。1956年東京芸術大学卒。1958年渡米,以降ニューヨーク在住。1961年ニューヨークで初個展。ミニマル・アートを思わせる,モノクロームの緊張感漂う絵画を制作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の桑山忠明の言及

【オップ・アート】より

…描画は厳密で機械的であることを要求されるため,最新の画材や機材(たとえばアルミニウム,有機ガラス,ネオンなど)を用いることも多い。個々の作家によってスタイルは異なるが,プーンズLarry Poons,アガムYaacov Agam,ソトJesus Rafael Soto,ライリーBridget Riley(1931‐ ),アニュシケビッチRichard Anuskiewicz,桑山忠明(1932‐ )らが代表作家である。〈応答する眼〉展が最も重要な展覧会となった。…

※「桑山忠明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

桑山忠明の関連キーワード美術家

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android