コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜町中納言 サクラマチノチュウナゴン

デジタル大辞泉の解説

さくらまち‐の‐ちゅうなごん【桜町中納言】

平安後期の歌人、藤原成範(ふじわらのしげのり)の通称。通憲(みちのり)の子。桜を愛し、邸内に多く植えたという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さくらまちのちゅうなごん【桜町中納言】

平安末期の廷臣、藤原成範しげのりの異名。桜を好み、私邸に多数植え、桜町と称した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の桜町中納言の言及

【藤原成範】より

…その間,平清盛の女婿となり,また後白河院の執事別当に補されて院務を掌握した。吉野山にあこがれ,邸内に多くの桜を植えたので,桜町中納言と称され,また高倉天皇の寵妃として名高い小督局は,その女である。【橋本 義彦】。…

※「桜町中納言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

桜町中納言の関連キーワード泰山府君景信山桜町私邸廷臣

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android