コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅の樹苔 ウメノキゴケ

大辞林 第三版の解説

うめのきごけ【梅の樹苔】

ウメノキゴケ科の葉状または樹枝状地衣植物。最も普通に見られる地衣。仙台以南の暖地に分布。梅や松の古木、岩上などに着生。大気汚染に弱いので、その指標に利用できる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

梅の樹苔の関連キーワード着生暖地古木

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android