コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宸翰 しんかん

世界大百科事典 第2版の解説

しんかん【宸翰】

宸筆ともいい,天皇,上皇がみずから筆をとって書いた文書のことであるが,さらに広く典籍も含める。宸翰は古く聖武天皇のもの,さらには嵯峨天皇の《光定戒牒》(延暦寺所蔵),宇多天皇の《周易抄》(東山御文庫所蔵)などがあるが,多くみられるのは鎌倉時代以降である。そのうちには懐紙をはじめ,消息譲状置文願文など広範囲のものがみられる。消息もたんに個人的なものだけではなく,中世の政治・社会に大きな意義を有するものも少なくない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の宸翰の言及

【書】より

…しかし,空海の書域の幅の広さは日本書道史上に類がなく,和様書道発展の基礎となった。嵯峨天皇は空海に私淑し,唯一の宸翰《光定戒牒(こうじようかいちよう)》には,気宇壮大な中に空海との共通点が見いだされる。橘逸勢は真跡として確実なものは伝わらない。…

※「宸翰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

宸翰の関連キーワード京都府京都市東山区粟田口三条坊町京都府京都市右京区嵯峨大沢町大阪府三島郡島本町水無瀬大阪青山歴史文学博物館三重県伊勢市宇治館町瑞龍寺(富山県)瑞泉寺(富山県)円通寺(京都市)五か条の誓文西田 直二郎勧修寺家文書京都東山文庫後陽成天皇和泉式部集前田 利鬯大徳寺文書西田直二郎前田育徳会水無瀬親成図絵宝鑑

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宸翰の関連情報