棒先(読み)ボウサキ

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐さき【棒先】

棒の先端。
駕籠(かご)を担ぐ棒の先端。ぼうばな。また、駕籠の前を担ぐ者。先棒。
輿(こし)の―しっかと掴(つか)み」〈浄・日本武尊〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼう‐さき【棒先】

〘名〙
① 棒の先端。棒のさき。
※俳諧・毛吹草(1638)七「つえつく老も若やぎにけり あら玉の春にほうさきかたぶけて」
② 駕籠(かご)などをかつぐ棒の先端。ぼうばな。また、それをかつぐ人。先棒。
※浄瑠璃・日本武尊吾妻鑑(1720)二「輿の棒先しっかと掴み」
③ 賄賂(わいろ)をとること。また、その金。〔俚言集覧(1797頃)〕
④ うわまえをはねること。また、その金。
※雑俳・柳多留‐四八(1809)「針ほどな仕事棒さき取にくる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報