コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棒先 ボウサキ

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐さき【棒先】

棒の先端。
駕籠(かご)を担ぐ棒の先端。ぼうばな。また、駕籠の前を担ぐ者。先棒。
「輿(こし)の―しっかと掴(つか)み」〈浄・日本武尊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうさき【棒先】

棒の先。棒の先端。
駕籠かごなどを担ぐ棒の先端。ぼうばな。 「国彦すかさず、輿の-しつかと摑み/浄瑠璃・日本武尊」
駕籠の棒の先端をかつぐ人。さきぼう。
大名の陸尺ろくしやくが駕籠屋から取った賄賂わいろ。また、利益の一部。 「 -を遣つて仕合せ勝負なし/柳多留 95
[句項目] 棒先を切る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

棒先の関連キーワードヘルツの実験棒先を切るパステル止めねじ地黄煎売切る駕籠

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android