棚曇(読み)たなぐもる

精選版 日本国語大辞典「棚曇」の解説

たな‐ぐも・る【棚曇】

〘自ラ四〙 (「たな」は接頭語) 一面る。曇りわたる。とのぐもる。
万葉(8C後)一三・三三一〇「棚曇利(たなぐもリ) 雪は降り来 さ曇り 雨は降り来」

たな‐ぐもり【棚曇】

〘名〙 空一面に曇ること。
※俳諧・桜川(1674)秋一「聖霊やなみだの雨に棚くもり〈宗吾〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「棚曇」の解説

たな‐ぐもり【棚曇(り)】

《「たな」は接頭語》空一面にが広がること。すっかり曇ること。とのぐもり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例