棚霧らふ(読み)タナギラウ

デジタル大辞泉の解説

たなぎら◦う〔たなぎらふ〕【棚霧らふ】

[連語]《動詞「たなぎる」の未然形+反復継続の助動詞「ふ」。上代語》雲が空全体に広がる。霧が一面にかかる。
「―◦ひ雪も降らぬか梅の花咲かぬが代(しろ)にそへてだに見む」〈・一六四二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たなぎらう【棚霧らふ】

( 連語 )
〔動詞「たなぎる」の未然形に継続の助動詞「ふ」が付いたもの〕
あたり一面に霧がかかる。 「 - ・ひ雪も降らぬか梅の花/万葉集 1642

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android