コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棚霧らふ タナギラウ

デジタル大辞泉の解説

たなぎら◦う〔たなぎらふ〕【棚霧らふ】

[連語]《動詞「たなぎる」の未然形+反復継続の助動詞「ふ」。上代語》雲が空全体に広がる。霧が一面にかかる。
「―◦ひ雪も降らぬか梅の花咲かぬが代(しろ)にそへてだに見む」〈・一六四二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たなぎらう【棚霧らふ】

( 連語 )
〔動詞「たなぎる」の未然形に継続の助動詞「ふ」が付いたもの〕
あたり一面に霧がかかる。 「 - ・ひ雪も降らぬか梅の花/万葉集 1642

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

棚霧らふの関連キーワード梅の花万葉集未然形

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android