コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上代語 ジョウダイゴ

デジタル大辞泉の解説

じょうだい‐ご〔ジヤウダイ‐〕【上代語】

上代の言語、また、単語国語史では、文献的に資料の得られる6世紀末から奈良時代までのそれをいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうだいご【上代語】

日本語を書き記した文献が残存する六世紀末から奈良時代までの言語。主として、奈良時代における大和地方の貴族の言葉が反映されているが、万葉集の東歌あずまうた・防人歌さきもりうたを通して東国方言も知り得る。万葉仮名で書き分けられた上代特殊仮名遣いによって、現代より多くの音節が区別されていたことが知られている。基本的な語は概して音節数が少なく、後代には使われなくなった助詞・助動詞なども多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

上代語の関連キーワード上代特殊仮名遣い紅葉たふ変はらふ東国方言てしかも万葉仮名嚔・嚏暫しく衒さふ渡らふもかも咳かふ吾・我通はす万葉集曇らふ隠らふ助動詞がほしのら

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上代語の関連情報