コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椋橋部家長 くらはしべのいえなが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

椋橋部家長
くらはしべのいえなが

平安時代初期の明法家。『令集解』中の「椋云」の記事は彼の説といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

椋橋部家長 くらはしべの-いえなが

?-? 平安時代前期の官吏。
天長-承和(じょうわ)(824-848)ごろの明法(みょうぼう)家。「法曹類林」巻197の勘文にその名がみえ,「令集解(りょうのしゅうげ)」に「椋云」とあるのは家長の説を引用したものとみられている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

椋橋部家長の関連キーワード官吏天長

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android