コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明法 ミョウボウ

デジタル大辞泉の解説

みょう‐ぼう〔ミヤウバフ〕【明法】

古代、令(りょう)格(きゃく)など法律を講究した学問

めい‐ほう〔‐ハフ〕【明法】

法を正し明らかにすること。
中国代の官吏登用試験の科目の一。法律を主としたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みょうぼう【明法】

律令・格式など法令の学問。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の明法の言及

【考試】より

…時務策2条と《文選》《爾雅》を試験して,及第の甲第は従八位下,乙第は大初位上に叙した。(4)明法(みようぼう)は律令に通達したものを採り,律令10条を試験して,及第の甲第は大初位上,乙第は大初位下を授けた。そして秀才・明経上中第以上で,蔭位(おんい)資格をもつか,孝悌によって表賞されたものは,その蔭位・成績による叙位に1階を加えて叙し,また明経で二経以上に通じたものは,一経を加えるごとに1階を加算した。…

【科挙】より

…従来科挙は次代煬帝(ようだい)の大業年間(605‐618)に創始されたと考えられてきたが,これは誤りである。
[変遷]
 唐は隋制を受け,科挙に秀才,進士,明経,明法その他の科目を設けた。秀才には政治上の意見などを問う策論を課するが,採点が厳しすぎて合格者がなくなり廃止された。…

※「明法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

明法の関連キーワード楠田 英世四部の博士矢集蟲麻呂加太 邦憲惟宗公方小野有隣貞江継人粟鱒麻呂中原親能中原章有政事要略惟宗直本讃岐永直讃岐広直興原敏久額田今足惟宗允亮中原基広坂上明兼中原章貞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明法の関連情報