コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘文 かんもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勘文
かんもん

「かもん」「かんがえぶみ」とも読む。平安時代朝廷諮問に対して前例故実などを調査し,上申した意見文書。おもに太政官外記 (げき) ,史 (ふひと) ,明法 (みょうぼう) 博士陰陽 (おんみょう) 博士などが行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんもん【勘文】

先例,故実,吉凶あるいは事を行う場合の日時の選定などについて,事実および意見を上申する文書。〈かもん〉ともいう。〈勘〉はかんがえるの意。勘状,勘注あるいは注進状ともいい,先例を上申したものは勘例ともいう。勘文の内容はきわめて多種類にわたるが,おおむね朝廷の諸事は太政官の外記と史が,日時・方角については陰陽道,日・月食の時刻は暦・算・宿曜道諸家が,改元年号儒家が,犯罪人の量刑については法家が勘申した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かもん【勘文】

かんぶん【勘文】

かんもん【勘文】

平安時代、神祇官じんぎかん・陰陽師おんようじなどが天皇などの諮問にこたえて、先例・吉凶・方角・日時などを調べて上申する文書。かもん。かんぶん。かんがえぶみ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勘文
かんもん

「かもん」ともいう。天皇・院などの上意を受け、その裁断の資料として先例・故実を考査して提出する答申書。令(りょう)制の諸寮司が提出する諸司勘文と、明経(みょうぎょう)、明法(みょうぼう)、文章(もんじょう)、天文・陰陽(おんみょう)、暦道(れきどう)などが提出する諸道勘文の2種があった。前者の例として、主計寮勘文、主税寮勘文、率分(りつぶん)勘文などがあり、後者の例として、年号、革命、著(ちゃくだ)、服假(ぶっか)、穢(けがれ)、日時、吉凶、日月食、地震などに関する勘文がある。室町時代には武家故実に取り入れられ、将軍の諮問による勘文が徴された。[棚橋光男]
『布施弥平治著『明法道の研究』(1966・新生社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の勘文の言及

【勘文】より

…勘状,勘注あるいは注進状ともいい,先例を上申したものは勘例ともいう。勘文の内容はきわめて多種類にわたるが,おおむね朝廷の諸事は太政官の外記と史が,日時・方角については陰陽道,日・月食の時刻は暦・算・宿曜道の諸家が,改元の年号は儒家が,犯罪人の量刑については法家が勘申した。勘文の古い例として《朝野群載》所収の737年(天平9)天然痘流行のときの典薬寮の勘文は,はじめに〈典薬寮勘申疱瘡治方事〉とあり,次に予防と治療の方法を記述し,〈右依宣旨勘申〉とあって,最後に日付と勘文作製者の署がある。…

※「勘文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勘文の関連キーワード熊野権現御垂迹縁起椋橋部家長惟宗公方惟宗直宗菅原有真穴太内人惟宗允正明法勘文額田今足安倍吉平興原敏久清原頼業明法博士川枯勝成中原月雄藤原敦光法曹類林三善清行長寛勘文平高望

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android