法曹類林(読み)ほっそうるいりん

世界大百科事典 第2版の解説

ほっそうるいりん【法曹類林】

平安時代末期に著された法制書。編者は藤原通憲(信西)。230巻とも730巻とも伝える大部の書であったが,今は巻192,197,200の3巻が残るにすぎない。古来の律令,法制に関する明法家(律令学者)の解釈,勘文等を引載したもので,8世紀はじめの他書にみえない資料も含まれていて,貴重である。《新訂増補国史大系》《改定史籍集覧》《群書類従》所収。【早川 庄八】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法曹類林
ほっそうるいりん

平安時代末期に成立した古代の法制書。藤原通憲(みちのり)(せん)といわれる。もと230巻。法官の勘考の便宜を考えて、古代の法令書たる律令格式(りつりょうきゃくしき)をもとに、明法(みょうぼう)問答、勘文(かんもん)などを事項別に抜書して、これに撰者自身の案文を付したもの。現在はそのうちの4巻が存するのみ。『群書類従』『続群書類従』『新訂増補国史大系』『改訂史籍集覧』に所収される。[林 幹彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android