植松三十里(読み)うえまつ みどり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植松三十里 うえまつ-みどり

1954- 平成時代の小説家。
昭和29年11月23日生まれ。婦人画報社勤務,建築都市デザイン事務所勤務などをへてフリーライターとなる。平成15年「桑港(サンフランシスコ)にて」で歴史文学賞。21年「群青 日本海軍の礎を築いた男」で新田次郎文学賞,同年「彫残二人」で中山義秀文学賞。著作はほかに「千の命」など。静岡県出身。東京女子大卒。本名は治代。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

植松三十里の関連情報