コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検収 けんしゅう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

検収

開発されたシステムが、情報システム部門からエンドユーザーに引き渡されること。また、システムが仕様どおりになっているかどうかを検証すること。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けん‐しゅう〔‐シウ〕【検収】

[名](スル)納入品が発注どおりか検査して受け取ること。品物の種類や数量、破損の有無、機器の動作確認などを行って品物を引き取ること。また、コンピューターのシステム開発を外注したときに、納品されたシステムを検証すること。「検収書」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

検収

納品された品物に対して、発注時の内容(数量や品質)と一致しているかどうか、発注書納品書などと照合して確認すること。検品もほぼ同義

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

けんしゅう【検収】

( 名 ) スル
送り届けられた品を、数量・種類などを点検して受け取ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

検収の関連キーワード大谷光瑞購買管理資材管理検収基準DPC検収書請求書大宮司種類

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android