コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楕円軸受 だえんじくうけ elliptical bearing

1件 の用語解説(楕円軸受の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楕円軸受
だえんじくうけ
elliptical bearing

軸径方向の荷重を支えるすべり軸受 (ジャーナル軸受) の一種。円筒状の軸受を2つ割りにしてその間に間隔片を入れ,真円に加工してから間隔片を取除いて組立てる二円弧軸受とも呼ばれる。このようにすると,上半分の軸受には軸を押し下げる方向に油膜圧力が発生するので,油膜作用による回転軸の自励的な旋回運動 (オイルウィップ現象) を防止するのに有効である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楕円軸受の関連キーワードころがり軸受磁気軸受軸受合金すべり軸受主桁ラジアル軸受座屈荷重主構動圧型すべり軸受ソールプレート

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone