コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠木正成の妻 くすのき・まさしげのつま

朝日日本歴史人物事典の解説

楠木正成の妻

生年:生没年不詳
南北朝期の武将楠木正成の妻。出自,姓名など不詳。名を久子と伝えられるのは織田完之『楠公夫人伝』の推説が流布したもの。湊川で戦死した正成の首が届けられた際,落胆し自刃せんとした息子正行に,母として天皇への忠節と父への孝行を説いた話が有名となった。

(西尾和美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

楠木正成の妻の関連キーワード生年

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android