楠木正成の妻(読み)くすのき・まさしげのつま

朝日日本歴史人物事典の解説

楠木正成の妻

生年:生没年不詳
南北朝期の武将楠木正成の妻。出自,姓名など不詳。名を久子と伝えられるのは織田完之『楠公夫人伝』の推説が流布したもの。湊川で戦死した正成の首が届けられた際,落胆し自刃せんとした息子正行に,母として天皇への忠節と父への孝行を説いた話が有名となった。

(西尾和美)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android