忠節(読み)ちゅうせつ

精選版 日本国語大辞典「忠節」の解説

ちゅう‐せつ【忠節】

〘名〙 主君につくす節義。忠義のみさお。
※続日本紀‐養老七年(723)九月己卯「重祿之下、必致節之臣
※曾我物語(南北朝頃)一「百ケ日、一周忌、第三年にいたるまで、諸善のちうせつをつくす」 〔漢書‐元后伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「忠節」の解説

【忠節】ちゆうせつ

忠義を守る操が固い。宋・文天祥〔平原〕詩 崎嶇(きく)坎(かんか)(困難、不遇)、志を得ず 四に出入して、忠に老いたり

字通「忠」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android