孝行(読み)こうこう

  • こうこう カウカウ
  • こうこう〔カウカウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

父母によく仕える行為。子の親に対する道徳。家族制度を基盤とする儒教道徳の基本。日本では近世封建社会以後,生活規範として確立され重視された。明治以後天皇に対する「」と並んで,「忠孝」が国民道徳の基本とされた。「教育勅語」に「父母ニ」と,国民の実践道徳の第一として示されたこととも関連して,学校教育においても特に重視された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[名・形動](スル)
子として親を大切にすること。また、そのさま。親孝行。「孝行な息子」「親が元気なうちに孝行する」
親に対するのと同じように、人を大切に扱うこと。「奥さん孝行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)
① 親の心に従い、よく仕えること。親を大切にするような行ない。また、そのような心掛けであるさま。
※続日本紀‐霊亀元年(715)三月丙午「表閭里、終身勿事。旌孝行也」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「八兵衛さんも今ではかかさん一人だから、随分孝行(カウかう)しなさい」 〔説苑‐建本〕
② (親に対すると同様に)ある人を大切にすること。また、比喩的に、ある物事を愛し大切にすること。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)二「こがねの釜が淵くちに孝行したきゆへには」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「それは伯母孝行で善事(いいこと)さ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

孝行の関連情報