楯を雌鳥羽につく(読み)たてをめんどりばにつく

精選版 日本国語大辞典の解説

たて【楯】 を 雌鳥羽(めんどりば)につく

(「雌鳥羽」は雌鳥が左の翼で右の翼をおおうように、左を上に右を下にして重ねること) 楯を重ねかけてすき間なく立てる。
※平家(13C前)一一「楯をめん鳥羽につき並べて、敵よせよとぞ招ひたる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android