雌鳥羽(読み)メドリバ

  • ▽雌鳥羽
  • めんどりば

デジタル大辞泉の解説

雌鳥は左の翼で右の翼をおおうとされるところから》物の重ね方で、左を上に右を下にすること。めんどりば。
めどりば」の音変化。
「楯(たて)を―につき並べて」〈平家・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 雌鳥は左の翼で右の翼をおおうとされ、そのように左を上にし、右を下にして物を重ねること。めんどりば。
※白羊宮(1906)〈薄田泣菫〉笛の音「生命の路に、雌鳥羽(メトリバ)に、はた雄鳥羽に、唇触れあひて相寝ぬる」
〘名〙 「めどりば(雌鳥羽)」の変化した語。
※平家(13C前)一一「楯をめん鳥羽につきならべて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android