コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楯並めて タタナメテ

デジタル大辞泉の解説

たた‐なめて【×並めて】

[枕]楯(たて)を並べて弓を射る意から、「射(い)」の音を含む地名「伊那佐(いなさ)」「泉(いずみ)」にかかる。
「―泉の川の水脈(みを)絶えず」〈・三九〇八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たたなめて【楯並めて】

( 枕詞 )
たてを並べて射ることから、地名「伊那佐の山」「泉の川」にかかる。 「 -伊那佐の山の/古事記 」 「 -泉の川の水脈みお絶えず/万葉集 3908

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

楯並めての関連キーワードいなさ水脈