コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極信 ゴクシン

デジタル大辞泉の解説

ごく‐しん【極信】

[名・形動ナリ]
きわめて信心深いこと。また、そのさま。
「殊(こと)に提婆品(だいばぼん)をば―に読まれけり」〈盛衰記・四三〉
まじめでつつしみ深いこと。控えめで素直なこと。また、そのさま。
「歌は―に読まば、道は違ふまじきなり」〈正徹物語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごくしん【極信】

( 名 ・形動ナリ )
きわめて信仰心のあつい・こと(さま)。
非常に真心のある・こと(さま)。誠実。 「忠信は下戸にて、天性-のものなり/平治 下・古活字本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android