極信(読み)ごくしん

精選版 日本国語大辞典「極信」の解説

ごく‐しん【極信】

〘名〙 (形動)
① きわめて忠実なこと。非常に誠実、実直なこと。また、そのさま。
平治(1220頃か)下「忠信は下戸にて、天性極信の者なり」
② きわめて信仰心が深いこと。また、そのさま。
源平盛衰記(14C前)四三「毎日に法華経を転読し、〈〉極信(コクシン)に読ませられけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「極信」の解説

ごく‐しん【極信】

[名・形動ナリ]
きわめて信心深いこと。また、そのさま。
「殊(こと)に提婆品(だいばぼん)をば―に読まれけり」〈盛衰記・四三〉
まじめでつつしみ深いこと。控えめで素直なこと。また、そのさま。
は―に読まば、道は違ふまじきなり」〈正徹物語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android