コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極楽寺殿御消息 ごくらくじどのごしょうそく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極楽寺殿御消息
ごくらくじどのごしょうそく

『六波羅殿御家訓』とともに,鎌倉時代の武将北条重時 (1198~1261) の家訓。康元1 (56) ~弘長1 (61) 年頃成立。かな文で 98条より成り,武家としての心構えを説く。室町時代には,北条時頼が子の時宗に与えた『最明寺殿教訓書』に仮託されて広く流布し,武家家訓書の原型となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

極楽寺殿御消息の関連キーワード北条重時家訓北条長時

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android