康元(読み)コウゲン

大辞林 第三版の解説

こうげん【康元】

年号(1256.10.5~1257.3.14)。建長の後、正嘉の前。後深草天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

こうげん【康元】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1256年から1257年まで、後深草(ごふかくさ)天皇の代の元号。前元号は建長(けんちょう)。次元号は正嘉(しょうか)。1256年(建長8)10月5日改元。天然痘(てんねんとう)の流行を断ち切るために行われた(災異改元)。康元年間の鎌倉幕府の将軍は宗尊(むねたか)親王(6代)。執権は北条時頼(ときより)(5代)、北条長時(ながとき)(6代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうげん カウゲン【康元】

鎌倉時代、後深草天皇の代の年号。建長八年(一二五六)一〇月五日改元。将軍宗尊親王、執権北条時頼・北条長時の時代。康元二年(一二五七)三月、正嘉(しょうか)と改元。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

康元の関連情報