コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康元 コウゲン

デジタル大辞泉の解説

こうげん〔カウゲン〕【康元】

鎌倉中期、後深草天皇の時の年号。1256年10月5日~1257年3月14日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうげん【康元】

年号(1256.10.5~1257.3.14)。建長の後、正嘉の前。後深草天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

こうげん【康元】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1256年から1257年まで、後深草(ごふかくさ)天皇の代の元号。前元号は建長(けんちょう)。次元号は正嘉(しょうか)。1256年(建長8)10月5日改元。天然痘(てんねんとう)の流行を断ち切るために行われた(災異改元)。康元年間の鎌倉幕府の将軍は宗尊(むねたか)親王(6代)。執権は北条時頼(ときより)(5代)、北条長時(ながとき)(6代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

康元の関連キーワード自由都市・堺 平和貢献賞東京都議会の会派構成パール街の少年たち東京佐川急便事件北条時定(2)土御門院小宰相極楽寺殿御消息源親子(1)花山院師継松平内蔵允二階堂行綱二階堂行泰北条重時藤原頼嗣伊賀光宗度会家行九条頼経藤原頼経災異改元太田康宗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

康元の関連情報