コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

康元 コウゲン

3件 の用語解説(康元の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうげん〔カウゲン〕【康元】

鎌倉中期、後深草天皇の時の年号。1256年10月5日~1257年3月14日。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の元号がわかる事典の解説

こうげん【康元】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1256年から1257年まで、後深草(ごふかくさ)天皇の代の元号。前元号は建長(けんちょう)。次元号は正嘉(しょうか)。1256年(建長8)10月5日改元。天然痘(てんねんとう)の流行を断ち切るために行われた(災異改元)。康元年間の鎌倉幕府の将軍は宗尊(むねたか)親王(6代)。執権は北条時頼(ときより)(5代)、北条長時(ながとき)(6代)。

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

康元の関連キーワード大空位時代康元チェルノブイリ医療支援ネットワーク政務活動費建長湛慶普化宗康円安達泰盛恵信尼

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

康元の関連情報