コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極紫外線 キョクシガイセン

デジタル大辞泉の解説

きょく‐しがいせん〔‐シグワイセン〕【極紫外線】

波長1~10ナノメートル程度の紫外線。波長が短い領域はX線に分類されることもある。短い波長を活かし、半導体の超微細加工を実現する露光技術の研究が進められている。極端紫外線。extreme ultravioletから、EUVまたはXUVともいう。→近紫外線遠紫外線

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

極紫外線の関連キーワードフォトンファクトリーシンクロトロン放射超高層大気電離圏嵐大気光ひので電離圏ひさき日の出熱圏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android