コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近紫外線(読み)キンシガイセン

デジタル大辞泉の解説

きん‐しがいせん〔‐シグワイセン〕【近紫外線】

波長200~380ナノメートル程度の紫外線。人体に影響を与えるUVA(320~400ナノメートル)、UVB(280~320ナノメートル)、UVC(200~280ナノメートル)を含み、日焼けの原因になるほか強い殺菌作用をもつ。近紫外光。→遠紫外線極紫外線

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんしがいせん【近紫外線】

空気、特に酸素にはほとんど吸収されない、波長が約380~200ナノメートルの光。単に紫外線ということもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の近紫外線の言及

【紫外線】より

…光のスペクトルでいうと,紫色の外側に相当するのでこの名がある。区分はまちまちであるが,波長が300nmより長い領域を近紫外線,200nmより短い領域を遠紫外線ということもある。紫外線の波長範囲は,光子エネルギーに直すとほぼ3eVから100eVとなるが,このエネルギーは,分子を解離させ化学反応を誘起したり,原子や分子を電離したり,一部の内殻電子を励起したりするのに十分な値である。…

※「近紫外線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android