コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近紫外線 キンシガイセン

3件 の用語解説(近紫外線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きん‐しがいせん〔‐シグワイセン〕【近紫外線】

波長200~380ナノメートル程度の紫外線。人体に影響を与えるUVA(320~400ナノメートル)、UVB(280~320ナノメートル)、UVC(200~280ナノメートル)を含み、日焼けの原因になるほか強い殺菌作用をもつ。→遠紫外線極紫外線

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きんしがいせん【近紫外線】

空気、特に酸素にはほとんど吸収されない、波長が約380~200ナノメートルの光。単に紫外線ということもある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の近紫外線の言及

【紫外線】より

…光のスペクトルでいうと,紫色の外側に相当するのでこの名がある。区分はまちまちであるが,波長が300nmより長い領域を近紫外線,200nmより短い領域を遠紫外線ということもある。紫外線の波長範囲は,光子エネルギーに直すとほぼ3eVから100eVとなるが,このエネルギーは,分子を解離させ化学反応を誘起したり,原子や分子を電離したり,一部の内殻電子を励起したりするのに十分な値である。…

※「近紫外線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

近紫外線の関連キーワードライアン・ロクテ入江陵介赤穂浪士一覧奄美諸島北洋漁業可視光線短距離競走タイソン ゲイ200年住宅ソルベンシー・マージン比率

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

近紫外線の関連情報