極超音速(読み)キョクチョウオンソク

デジタル大辞泉「極超音速」の解説

きょく‐ちょうおんそく〔‐テウオンソク〕【極超音速】

音速を大きく上回る速度。ふつうマッハ数5以上を指す。航空機や大気圏再突入時の人工衛星などの飛行物体の場合、空力加熱による温度上昇が顕著になる。ハイパーソニック。ごくちょうおんそく。

ごく‐ちょうおんそく〔‐テウオンソク〕【極超音速】

きょくちょうおんそく(極超音速)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵「極超音速」の解説

極超音速

マッハ数」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android