極超音速(読み)キョクチョウオンソク

デジタル大辞泉「極超音速」の解説

きょく‐ちょうおんそく〔‐テウオンソク〕【極超音速】

音速を大きく上回る速度。ふつうマッハ数5以上を指す。航空機や大気圏再突入時の人工衛星などの飛行物体の場合、空力加熱による温度上昇が顕著になる。ハイパーソニック。ごくちょうおんそく。

ごく‐ちょうおんそく〔‐テウオンソク〕【極超音速】

きょくちょうおんそく(極超音速)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵「極超音速」の解説

極超音速

マッハ数」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android