コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榴雲岩 りゅううんがんkinzigite

岩石学辞典の解説

榴雲岩

石榴石黒鉛片麻岩で,石榴石および黒雲母に富み,石英に乏しい粒状,粗粒の変成岩.堆積岩が変成作用で形成されたものである.主に石榴石,正長石,オリゴクレース,白雲母,黒鉛,菫青石,珪線石からなっている[Fischer : 1860, Harker : 1932].ドイツ,シュヴァルツヴァルトのキンツィッヒ(Kinzig)に産出.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

榴雲岩の関連キーワードストロナ岩野白粒岩石榴石

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android