コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榴雲岩(読み)りゅううんがん(英語表記)kinzigite

岩石学辞典の解説

榴雲岩

石榴石黒鉛片麻岩で,石榴石および黒雲母に富み,石英に乏しい粒状,粗粒の変成岩.堆積岩が変成作用で形成されたものである.主に石榴石,正長石,オリゴクレース,白雲母,黒鉛,菫青石,珪線石からなっている[Fischer : 1860, Harker : 1932].ドイツ,シュヴァルツヴァルトのキンツィッヒ(Kinzig)に産出.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android