石榴石(読み)ザクロイシ

大辞林 第三版の解説

ざくろいし【石榴石】

マグネシウム・鉄・マンガン・カルシウム・クロムなどを含むケイ酸塩鉱物。等軸晶系。粒状または塊状。色は、赤・黒・灰・黄・緑など。宝石または飾り石のほか、研磨材に利用。一月の誕生石。ガーネット。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ざくろ‐いし【石榴石】

〘名〙 マグネシウム、鉄、マンガン、カルシウム、アルミニウムなどを含む珪酸塩鉱物の一群。等軸晶系。赤・褐・黄・緑・橙・黒・白色で透明か半透明。硬度六・五~七・五。主に研摩材・宝石用。一月の誕生石。ガーネット。石榴珠(ざくろだま)
輿地誌略(1826)七「柘榴石、猫眼石〈略〉等の美玉石を出し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android