コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青石 アオイシ

デジタル大辞泉の解説

あお‐いし〔あを‐〕【青石】

青または緑色の岩石。緑泥片岩などで、庭石に使う。秩父青石・伊予青石などが有名。
青みを帯びた凝灰岩室内装飾や建物の外装などに使う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あおいし【青石】

青みがかった色を呈する岩石の称。緑泥石片岩など。産地によって秩父青石・伊予青石・紀州青石などと呼ばれ、庭石にする。
建築用石材の一。青色の凝灰岩や凝灰質砂岩。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の青石の言及

【板碑】より

…関東地方のものがもっともよく知られ,また数も多いが,北海道から薩南諸島まで,全国に分布し,地域によって特色のある板碑が造立されている。関東地方のものは,現在までに約3万基が知られ,秩父産の青石(緑泥片岩)で作られ,薄く板状にはがれやすく加工もしやすい,という石材の特色を生かし,頭部を三角形とし,2本の溝状の線を刻み,梵字や画像で主尊の仏を表現するなど,形態的にすぐれ色も美しいものが多く,そのため,江戸時代から文人などに好まれてきた。板碑という名称もこの関東地方の板碑(武蔵型板碑,青石塔婆などともよばれる)にもっともふさわしいもので,東北地方などには,丸い自然石に仏の種子(しゆじ)と銘文が刻まれるだけのものもある。…

【梵鐘】より

…俗に鐘,釣鐘(つりがね)とも呼ぶが,古くからその形状や由縁によって多くの異称がある。おもなものに突鐘(つきがね),洪鐘(こうしよう),撞鐘(どうしよう),鴻鐘(こうしよう),蒲牢(ほろう),鳧鐘(ふしよう),九乳(くにゆう),青石(せいせき),華鯨(かげい),霊鐘(れいしよう)などがあげられる。インドの仏寺で用いた打楽器をさす犍稚(かんち∥けんち)(犍椎(かんつい∥けんつい))も梵鐘の異称となっているが,インドには金属製の鐘がなかった。…

※「青石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青石の関連キーワード空晶石珪線石型変成相系列大隅石(おおすみせき)天青石(データノート)角閃石ホルンフェルス相菫青石(データノート)輝石ホルンフェルス相硫酸ストロンチウムアンソフィリタイトストロンチウム鉱物ストロンチアン石野上(埼玉県)マデュカライ岩ホルンフェルスコージェライトムスコヴァド岩菫青石直閃石岩セレスタイト菫青石花崗岩ムスコヴァドアヴィオロ岩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青石の関連情報