コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構成舞台 こうせいぶたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構成舞台
こうせいぶたい

第1次世界大戦後,ドイツの表現主義戯曲とともに発達した舞台装置で,写実主義や心理主義を排し,鉄材や木材を幾何学的に構成することによって,立体性や抽象性を強調した。ソ連では A.タイーロフや V.メイエルホリドらの演出家が積極的にこの様式を取入れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

構成舞台の関連キーワードプロレタリア演劇こうのきよしピスカートルロシア演劇ホリゾント

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

構成舞台の関連情報