コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心理主義 しんりしゅぎpsychologism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心理主義
しんりしゅぎ
psychologism

哲学上の術語で,人間の認識の有効性に関する問題すなわち認識論的諸問題は心理的過程心理学的研究によってのみ解決されうるとする説。ロックの『人間悟性論』 (1690) はこの意味における心理主義の古典。心理主義のより穏健な立場では,心理学は論理学をはじめほかの諸学の基礎とされている。両者に対する古典的な批判としては,フッサールの『論理学研究』 (1900~01) があげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんり‐しゅぎ【心理主義】

哲学の基礎を心理学に求める立場。特に、論理学認識論上の諸問題を心理的な経験や過程に還元し、解明しようとする立場。⇔論理主義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんりしゅぎ【心理主義】

論理学や認識論の諸問題を、人間の心的・主観的過程に還元して心理学的見地から説明する立場。 ↔ 論理主義

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

心理主義
しんりしゅぎ
psychologism英語
Psychologismusドイツ語
psychologismeフランス語

一般に心理学的なものの見方、つまり、世界内の事実的できごとの一種としてみられた心的プロセスや心的機能を考察・研究する学問である心理学の方法を、他のあらゆる学問の基礎に据え、それらに拡張・適用しようとする立場をさしていう。
 とくに哲学で心理主義とよばれるのは、前述の心理学的な見方を認識論や論理学の領域に適用し、知識や思考の心理的、事実的な成立過程を観察し確定することによって、認識や思考の客観性や普遍妥当性、いいかえれば、認識や思考の本質をなす法則性や論理性を解明し基礎づけうると主張する立場である。この意味での「心理主義」は、今日では、認識論や論理学に固有の問題を心理学上の事実問題に解消し、それゆえカント的にいえば、権利問題と事実問題の区別を忘失した主張として、ほとんど非難の形容詞となってしまった。
 一時期、心理主義の鋭い批判家でもあったフッサールの『論理学研究』(1900~01)によれば、論理学の基礎は心理学にありとした哲学者として、たとえばJ・S・ミル、リップスがあげられる。[山崎庸佑]
『フッサール著、立松弘孝他訳『論理学研究』全4巻(1968~76・みすず書房) ▽間々田孝夫著『行動理論の再構成――心理主義と客観主義を超えて』(1991・福村出版) ▽J・N・モハンティ著、貫成人訳『フッサールとフレーゲ』(1991・勁草書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の心理主義の言及

【心理学主義】より

…19世紀後半の有力な哲学説の一つで,心理学をあらゆる哲学的諸学科の基礎学とみなし,とりわけ論理学と認識論を心理学によって基礎づけようとする立場。心理主義ともいう。J.S.ミルやブント,T.リップスらがその代表者。…

※「心理主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

心理主義の関連キーワードベルナール(Jeanボイル(Kay Boyle)L. マルタン・ショーフィエルイージ アントネッリ政治における人間性ドミニク タタルカロマン派精神医学シュランベルジェゼードルマイヤーコロンビア学派イギリス憲政論ゼーノの意識批判的教育学アントネッリK. ボイル戦後派文学ジェームズエルトマンフェージン権力と人間

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android