コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造用合金鋼 こうぞうようごうきんこう

世界大百科事典 第2版の解説

こうぞうようごうきんこう【構造用合金鋼】

機械構造部品に使用される強度と靱性(じんせい)をそなえた合金鋼。炭素量は0.1~0.5%で,これに少量のクロム(0.9~1.2%)を添加したクロム鋼,クロム(0.5~1.0%)とニッケル(1.0~3.5%)を添加したニッケル・クロム鋼,クロム(0.9~1.2%)とモリブデン(0.15~0.45%)を含むクロム・モリブデン鋼,さらにニッケル(0.4~4.5%),クロム(0.4~1.8%),モリブデン(0.15~0.7%)を含んだニッケル・クロム・モリブデン鋼がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

構造用合金鋼の関連キーワードボロン鋼ばね鋼強靭鋼