コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合金鋼 ごうきんこうalloy steel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合金鋼
ごうきんこう
alloy steel

(1) 低合金 炭素鋼の強さ,靭性などの機械的性質や熱処理性,耐食性を改善するために,合計で5%以下の合金元素を添加した鋼。ニッケルクロムは最も多く使われ,ニッケル,マンガンは地鉄の靭性を,クロムは強度を増す効果が大きく,ともに焼入れ性をよくする (→クロム鋼 , ニッケルクロム鋼 , マンガン鋼 ) 。 (2) 高合金鋼 特定の目的に適するように合計 10%以上の合金元素を加えた鋼。ステンレス鋼で代表される耐食鋼・耐熱鋼高速度鋼ダイス鋼で代表される工具鋼,磁石鋼・パーマロイで代表される電磁用鋼,その他ケイ素鋼板,軸受鋼,不変鋼など,非常に多くの鋼種がある。最高の性能を発揮させるためには原料の精選,溶製の技術,熱処理などに,高度の正確さを要求されるものが多い。 JISにもそれらの要件が記載されている。 (1) ,(2) とも合金の含有量の基準として鉄鋼協会方式,ブラッセル (関税協会理事会) 方式,ISO方式などが用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

合金鋼【ごうきんこう】

炭素鋼にニッケル,クロム,タングステン,マンガン,ケイ素,モリブデン,バナジウム,コバルトなどの合金元素を1種または2種以上添加し,使用目的に適合するように性質を改善,向上させた鋼。
→関連項目クロム鋼ニッケル・クロム鋼ニッケル鋼

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

合金鋼
ごうきんこう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の合金鋼の言及

【製鉄・製鋼】より

…ニッケルNi,クロムCr,タングステンW,あるいはモリブデンMoなどはもとより,普通元素に属するものでも,特殊な性質を付与する目的である濃度範囲をこえて加えた場合,たとえばケイ素鋼板のSi,耐摩耗鋳鋼のMnなどはもちろん合金元素とみなされる。合金元素を含む鋼を合金鋼,合金元素を添加していない鋼を普通鋼または炭素鋼という。特殊鋼は合金鋼とふつう同意義に使われるが,その定義は国により異なる場合がある。…

【鉄】より

…P.L.T.エルーの1900年のアーク炉による製鋼の工業化がその発端である。平炉と転炉は主として普通鋼の製造に使用され,電気炉は主として合金鋼の製造の分野でるつぼ鋳鋼法に代わって大発展を遂げた。 さて,20世紀,各国の展開した製鋼技術にはそれぞれ特色があった。…

【特殊鋼】より

…このうち鋼の材質を支配しているのは炭素であり,他の四つの元素は鉱石からの製銑製鋼の過程で必然的に混入する不純物である。炭素が主役を演ずるという意味で普通鋼のことを炭素鋼ともいうが,特殊鋼の場合は一般には合金鋼と呼ばれる。鋼材に使用目的に適合した性能を与えるためには,まず成分を調整する必要がある。…

【鋼】より

…鋼は種々の方法で分類される。炭素鋼と合金鋼,普通鋼と特殊鋼は主として化学成分による分類であるが,製造法,形状の相違による分類などもある(表参照)。化学成分による分類について簡単に説明する。…

※「合金鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

合金鋼の関連キーワードジョン・オリバー アーノルド希土類コバルト磁石クロムモリブデン鋼カーボンスチール電子ビーム溶解炉ステンレスパネルアクチュビンスクオーステナイトオースフォームバナジウム鋼高マンガン鋼モリブデン鋼セメンタイトフェロアロイ構造用合金鋼クルックカレステンレス合金工具鋼アーノルドメタリコン

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合金鋼の関連情報