標識的擬態(読み)ヒョウシキテキギタイ

大辞林 第三版の解説

ひょうしきてきぎたい【標識的擬態】

動物の擬態の一。捕食者に対しての警告色を含む他の動物など、注意をひくものに似る場合。ミミクリー。 → 隠蔽的いんぺいてき擬態

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の標識的擬態の言及

【擬態】より

…ある種の生物が自分以外の何物かに外見(色,模様,形)やにおい,動きなどを似せることにより,生存上の利益を得る現象をいう。その機能によって隠蔽的擬態,標識的擬態,種内擬態などが区別される。
[隠蔽的擬態mimesis]
 保護色ともいい,外見を周囲の色や模様に似せて外敵から隠れるものをさす。…

※「標識的擬態」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android