コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標識的擬態 ヒョウシキテキギタイ

2件 の用語解説(標識的擬態の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょうしきてき‐ぎたい〔ヘウシキテキ‐〕【標識的擬態】

動物の擬態の一。アブがハチの警戒色に似た色彩をもつ例のように、目立つ色彩をまねることによって捕食者の攻撃を回避しようとする擬態。標識擬態。ミミクリー。→隠蔽的擬態

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の標識的擬態の言及

【擬態】より

…ある種の生物が自分以外の何物かに外見(色,模様,形)やにおい,動きなどを似せることにより,生存上の利益を得る現象をいう。その機能によって隠蔽的擬態,標識的擬態,種内擬態などが区別される。
[隠蔽的擬態mimesis]
 保護色ともいい,外見を周囲の色や模様に似せて外敵から隠れるものをさす。…

※「標識的擬態」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone